蔵のまち・栃木市で営業中。 古物・日用品をご紹介。静かな光と影をあなたに。 MOROcraft(モロクラフト) 栃木県栃木市倭町10-3 0282-21-8838 営業日はブログまで。 ※通信販売もしていますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。 Email lovepeacesmile29@gmail.com まで。店頭のみクレジットでの支払可


by morocraft
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0354880_16453124.jpg

こんにちは。

今日は妻の通院の日で都内へ。
タイトルに興味を惹かれ、時間があったので松屋銀座7階の「弱さの工芸」を見てきました。

写真はガラス越しだったりします。



入口のパネル


f0354880_16110646.png
f0354880_16111806.png




「弱さ」には反応したけど、古物は工芸か?という思いをもちながら古物を探しにいく感覚で行ってきました。
並んでいるのは古さと新しさを両方兼ね備えている時間を呑み込んだ、そこらへんに転がってそうで絶対にないものばかり。
みんなかっこいい。本当に素直にワクワクする。


原研哉さんの文中で「使い手の気持ちを呼び入れるやさしい工芸」という言葉があった。
確かに昔から自然災害や日々のストレスから解放してくれるような自分に寄り添うものは必要だと思うし、ファッションや食事などもそのひとつであると思う。
よくこうゆう展示で使われる「工芸」という括り、呼び方。
最近は 「なんで工芸?」とみんな感じるらしい。工藝青花効果?
現代工芸品の枠を広げて古物っぽいアートっぽいクラフトっぽいものを工芸と呼びたいのか?
たぶん「ぽい」といわれるのは嫌だろうし、僕に置き換えればやっぱり「ぽい」は嫌だ。
流通とかの問題で作り手、売り手目線のお題かもしれない。
お題をだされるので一緒になって考えてしまう。
着る人とファッション、料理とうつわ、古物のある部屋、暮らしに寄り添うものを工芸というならこの展示は工芸だ。

僕はセレクトショップをしているので古物と作品が横にフラットにみられるのでこのような展示は面白い。
僕は主催者でも何でもない古物商なので、ひとつひとつ鑑賞するのみに集中する。


展示で選ばれているものは「売る」とか「流通」は完全に後からの問題で作者または蒐集家の等身大の表現に他ならないと思った。
古物や古いもののエッセンスから膨大な想像力も時間も呑み込んでつくりだされるあたらしい作品たち。このものたちは今後どこへ向かうのだろう。

骨董商や現代美術家も夢中にさせる見たこともないその物体の表面や質感(いわゆるテクスチャーやマチエールといったものの魅力)や古物の見せ方(配置)込みの表現能力。
人の産物だったり、自然に風化したり、偶然の産物だったりで面白い。

ありそうでないもの。
その表現力が凄くすぐれているのだ。
何かを見極める眼がすぐれているのだ。


「存在感」という空気のようなものに価格や定義でははかれない大事な成分は含まれている。
清い生き物のように見る者に静かに刺激を与える。

古物はある人には支えになり、ある人にはゴミにもなりうる危うさをひめている。
でも作家さんのものは正しく残っていく気がする。作品に対する愛情がとても伝わる。
自分に正直に作ってるんだろうなと思う。


古物商の自分はこの危うさや正直さが好きなんだと思う。そして時々、人の中で消化され出てきた丸さにも似た温もりや愛情がほしくなったりもする。


ただ熱帯魚をじっと見つめるように楽しんで帰ってきた。






f0354880_13335938.jpg
f0354880_16453892.jpg


f0354880_16454694.jpg


f0354880_16455565.jpg


f0354880_22513493.jpg
f0354880_13342519.jpg

現在過去、物の生まれた土地、自分の記憶をリミックスしたような座辺の美術。

f0354880_22521993.jpg

いかに魅力的にみせるかという領域の面白い古物の世界。

ただ手にとって鑑賞するばかりでないコラージュ感や美術品のようなライティング。生ける、ディスプレイ、スタイリングとも違う言葉でよびたい心のこもった配置。

この行為をなんてあらわしたらいいんだろう。

f0354880_13344546.jpg




主催/日本デザインコミッティ-
監修/三谷龍二

2/20(火)ー3/19(月)
出品者
秋野ちひろ
冨沢恭子
古い道具・冨永淳
森田春菜
山本亮平

古ぶつと品々  
MOROcraft (モロクラフト) 

〒328-0037 栃木県栃木市倭町10-3 
TEL/FAX 0282-21-8838 
営業時間AM12:00~PM6:00(土日はPM7:00まで) 
定休日 月曜日(詳しくはブログのカレンダーをご覧ください)
 
店頭のみクレジット可

※通信販売も行っておりますので気軽にお問い合わせくださいませ。
(Email )lovepeacesmile29@gmail.com まで











[PR]
by morocraft | 2018-02-27 23:05 | 現代手工芸 | Comments(0)
f0354880_09304538.jpg

こんにちは。

大江戸骨董市始まりました。

場所は有楽町の駅方面からきて左側、奥の方、グリーンのhall Aの入口サインの近くです。

3時くらいには片付けはじめです。

どうぞお気をつけて。


#大江戸骨董市 #古と周辺茂呂裕司 #tochigicity #morocraft


[PR]
by morocraft | 2018-02-18 09:30 | お知らせ(お休み・営業日など) | Comments(0)
f0354880_20133086.jpg

こんにちは。

今週の営業カレンダーです。

2/13(火)-14(水)

展示会などのためお休み

2/15(木)-16(金)

 open 12pmー6pm

2/17(土)

 open 12pmー7pm

2/18(日)

 有楽町 大江戸骨董市出店のため、お店はお休み


2/19(月)お休み

2/20(火)ー21(水)  

open 12pmー6pm


2/22(木)お休み


2/23(金)  

open 12pmー6pm


2/24(土)ー25(日)  

open 12pmー7pm


2/26(月)ー27(火)


お休み


2/28(水)


open 12pmー6pm




どうぞ宜しくお願いいたします。




[PR]
by morocraft | 2018-02-12 20:12 | お知らせ(お休み・営業日など) | Comments(0)


f0354880_04292635.jpg

2月前半の営業カレンダーになります。



2/1(木)ー2/2(金)  

   open 12pmー6pm

2/3(土)  open 12pmー7pm

2/4(日)  臨時休業

2/5(月)ー6(火)  

   open 12pmー6pm

2/7(水)

   展示会のためお休み

2/8(木)ー9(金)  

   open 12pmー6pm

2/10(土)

   open 12pmー7pm

2/11(日)*6pm閉店になります。

open 12pmー6pm

2/12(月)

open 12pmー7


この週は展示会などもあり、お休みも変則になります。

どうぞよろしくお願いいたします。



[PR]
by morocraft | 2018-02-07 04:26 | お知らせ(お休み・営業日など) | Comments(0)
f0354880_17572634.jpg

『栃木プレス』

今日はお会いしたかった方がご来店くださったり、何かとついている。

昨日はお店を休みにしたので表のシャッターに貼紙をさせていただいた。今日、出勤するとなかったので「風にでも飛ばされたかな?」と思っていたら戻ってきました。午後4時半ころ。店先の地面のところに丁寧に二つ折にされて置かれていました。

f0354880_17574811.jpg

ちゃんとしなさい、的なメッセージか、はたまた落し物ですよ、的な感じか、茂呂さんの好きなテイストでしょ?なのかなんらかのメッセージは別として天からの贈り物『栃木プレス』。

アスファルトと車の間で凸凹にプレスされモノクロ感が際立ってオートリバース。

オーマイガ。

君は殿堂入りだ。

紙様はやっぱりいるのかもしれない。

f0354880_17580439.jpg

f0354880_17580600.jpg

f0354880_17580722.jpg

#1日古物 #路上活版 #roadpress #栃木プレス


[PR]
by morocraft | 2018-02-05 17:57 | ふるもの。 | Comments(0)

こんにちは。

デンマーク、イギリスなどのスクールチェアが数脚入荷中です。


f0354880_15425087.gif
明るい色目ですのであたたかい雰囲気になる感じ間違いなし。
どれもおすすめ。


[PR]
by morocraft | 2018-02-03 15:42 | ふるもの。 | Comments(0)