蔵のまち・栃木市で営業中。 日用雑貨・古道具を扱っています。静かな光と影をあなたに。 MOROcraft(モロクラフト) 栃木県栃木市倭町10-3 0282-21-8838 営業日はブログまで。 ※通信販売もしていますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。 Email lovepeacesmile29@gmail.com まで。店頭のみクレジットでの支払可


by morocraft
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
栃木県 鹿沼市
【鹿沼箒ときびがら細工】 きびがら工房

かわいい来年の干支(ひつじ)のきびがら細工が入荷いたしました!

栃木市にほど近い鹿沼市のTHE趣味の民藝ですが、お店をオープンしたら扱いたいお品物のひとつでした。
丸山さん、ありがとうございます。
ご紹介をする間に少し売れてしまい、残りわずかです。お近くの方、お早目にどうぞ。
サイズ 高さ約5センチ ×胴体約6.5センチ×幅約3センチ

¥1200+税 sold out

きびがら細工十二支は鹿沼箒職人であるきびがら工房2代目の青木行雄さんが昭和37年に創案。鹿沼箒の材料を使い、古来から伝わる箒編みの技を駆使しつくりあげました。当きびがら細工は可憐な素朴さとほのぼのとしたほほ笑みを表現し、あわせて皆様のお幸せを念じつつ製作いたしました。(きびがら工房しおりより)

現在は創業者のお孫さんの3代目にあたる丸山早苗さんが技を受け継ぎ、箒とともに製作しています。
ほうき草の茎を水で柔らかくした状態で曲げて製作し、最後にゆっくり天日で干すそうです。

MOROcraft フェイスブック https://www.facebook.com/morocrafttochigi
f0354880_15423508.jpg
栃木県(とちぎけん)鹿沼市(かぬまし)は、座敷箒(ざしきぼうき)の生産地として知られた所です。鹿沼で箒きびの栽培が行われるようになったのは、天保(てんぽう)12年(1841年)、上殿の代官、荒井喜右衛門(あらいきえもん)が江戸(えど)練馬(ねりま)より箒きびの種を持ち帰り、花岡村(はなおかむら)に植えつけたのが始まりといわれています。以後、品種改良を経て箒きびの生産量が増えるとともに、箒の生産も行われるようになり、鹿沼は座敷箒の一大産地となりました。鹿沼で製造された箒は「鹿沼箒」といわれ、柄の付け根をハマグリ型に針金で編み上げたハマグリ型箒です。鹿沼箒に一大転換期が訪れたのは、昭和(しょうわ)30年代の電気掃除機の普及です。便利な電気掃除機が普及すると座敷箒の需要は激減しました。そうした中、座敷箒に代わる新しい特産品として考案されたのが、きびがら細工です。(栃木県教育委員会 資料より)
f0354880_1510087.jpg

f0354880_1510126.jpg

f0354880_151023.jpg

f0354880_1510291.jpg

f0354880_1510361.jpg

[PR]
# by morocraft | 2014-11-21 15:09 | 民藝とこれから。 | Comments(0)
11月14日・15日・16日と栃木秋祭り2014が盛大に行われ、たくさんのお客様にお越しいただきました。誠にありがとうございました。
僕の実家は縫製業を祖父の時代から切り盛りしていましたが、町内には大きな祭りもなく、子供たちも少なかったため、別の町内の子供神輿をかついだ記憶しかありません。
僕はサラリーマンをしていたころには、土日の休みもとれずに地元の祭りはさほど興味もなく正直、他人事でした。栃木に住んでいても「大通りの山車を持っている町内の祭り」という感覚でした。

今年、明治の初めから続く栃木秋祭りに初めて参加していい緊張感のある3日間を過ごすことができました。(正確には準備、後片付けも含めて6日間くらい)
40を過ぎてから生まれた町ではない隣町で、いきなり初めての自治会ではじめてお会いするご近所の方やら100年以上もつづく商店街の方やらお祭り運営の方々。
ひとりオープンした半年前はどこかよそ者扱いされている感がいなめませんでしたが、必然的に声をかけていただき(笑)、皆さんと準備からお手伝いできたことはとても良いコミュニケーションでした。ご近所つきあいって悪くないなと思いました。皆さん、本当にありがとう。
人見知りの僕はなにをするにも腰のひけるほうなのでドキドキしていましたが、皆さんとふれあい、みんなでつくりあげる栃木のお祭りをちょっと近くで体験できたことは地域に溶け込むいい一歩となりました。
栃木で店を開いたおかげで、今回の秋祭りで妻もたくさんの友人と再会できたようです。よかったね。
よかった。よかった。
f0354880_11565471.jpg

[PR]
# by morocraft | 2014-11-19 11:56 | 栃木市の人々と生活。 | Comments(0)
おはようございます。
栃木秋まつり2日目。さあ、今日から本番の2日目です。
さて昨日の夜の出来事。お祭りで面白い方がたくさんご来店いただきましたが、写真の半纏をきた方がご来店。お祭りならではの迫力です。こちらは江戸時代の火消半纏だそう。火事を消すときは絵の描いてないほうで作業し、消し終わった帰りに裏返してこの不動明王?をはべらして帰っていくという何とも粋な話。
f0354880_1053683.jpg

目と歯が天と地をむいています。何の絵具かはわかりません。大変貴重なもので状態はすごく良いものでした。
f0354880_1053857.jpg


剣道着のような藍染の厚地に細かい刺し子がびっしりです。
f0354880_1053977.jpg

僕も着てみましたが、小太りの草食系にはスウェットのパンツをはいていたのとあいまって、一昔前の半纏かどてらを着た、昭和の浪人生のようでした。この方はぴったり着こなしていました。誠にありがとうござました。またお待ちしております!

[PR]
# by morocraft | 2014-11-15 10:04 | 栃木市の人々と生活。 | Comments(0)
2年に一度の栃木秋祭り今日、14日(金)~16日(土)まで蔵の街大通りを中心に開催されます。今日は子供神輿10時から元気にスタート!我が倭町1丁目の獅子頭も無事出陣!気を付けていってらっしゃい!江戸型の山車に合流です。MOROcraftはしばしお祭り気分でAM9時~PM9時まで営業お待ちしておりまーす!
f0354880_1085995.jpg

f0354880_109026.jpg

f0354880_109177.jpg

f0354880_109222.jpg

[PR]
# by morocraft | 2014-11-14 10:08 | 栃木市の人々と生活。 | Comments(0)
栃木を流れるうずま川沿いにもイルミネーションが点灯し、冬に向かって走り出そうな気分な栃木市。今月14.15.16日の2年に一度の秋祭りにむけて街中は大忙しです。MOROcraftも徐々にクリスマスになりますよ。

中目黒にある古い建物をリノベーションして生まれたホテル、CLASKA
http://www.claska.com/
ご存じの方も多いと思いますが、そこの中にあるCLASKA Gallery&Shop "DO"のオリジナルマグカップとプレートが入荷です。
”DO”の商品は少しずつですが入荷いたしますのでこちらでご案内いたしますね。”DO”は「ドー」と読みます。

”DO"マグカップ slim (底から上のほうに細くなっています) ホワイト・グレー・イエロー 各¥1800+tax
”DO"マグカップ wide イエローのみ ¥1800+tax
”DO"プレート  18㎝イエローのみ ¥2000+tax
※マグカップとプレートはすべて長崎県は波佐見焼の磁器となります。
MOROcraftフェイスブック/ 
https://www.facebook.com/morocrafttochigi
f0354880_15593764.jpg
f0354880_1554443.jpg

置いてあるグリーンの紅茶は先日みえたスリランカからのバックパッカーの方から今日頂きましたセイロンティー。
2か月、栃木にいるそう。HAVE A NICE TRIP!
f0354880_1554589.jpg

"DO"マグカップ slim
f0354880_1554634.jpg

f0354880_1554723.jpg
左がslim,右がwide

[PR]
# by morocraft | 2014-11-07 15:53 | その他、あなたの定番な商品。 | Comments(0)