蔵のまち・栃木市で営業中。 日用雑貨・古道具を扱っています。静かな光と影をあなたに。 MOROcraft(モロクラフト) 栃木県栃木市倭町10-3 0282-21-8838 11:00-19:00 水曜と毎月3日が定休日 ※通信販売もしていますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。 Email lovepeacesmile29@gmail.com まで。店頭のみクレジットでの支払可


by morocraft
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こんにちは。
今日は今年最後の営業日となりました。
ご来店いただきましたお客様方には心より御礼申し上げます。
今年もたくさんの皆様との出会いがありました。とても楽しい時間でした。
誠にありがとうございました。
f0354880_14011933.png

少し真面目に今年の自分を振り返ってみます。少し長いです。
今年はこんなことを考えていました。
つい最近は「宝くじ買い逃した!」
昨日の夜はこんな夢をみました。
日光東照宮の門前を大人2~3人でのったリアカーで通りすぎようとしているとふと右側に新しくできた古道具屋が目に入る。興奮した自分はリヤカーから3段跳びで入店し、片っ端から品定めをする。少し時間がたったころ、しゃがんだまま、振り向くと自分の興奮が伝わったかのようにお客さんがその店に押し寄せ唖然としている僕。終わり。
貪欲なのか日々のストレスなのか?と困惑しか残りませんでした。

 僕はとても好奇心がつよくミーハーで熱しやすくあきやすいという移り気の性分です。勉強も髪型も音楽もファッションもそうです。
趣味嗜好もとても偏っていると思います。おかげで沢山の失敗もしましたし、薄っぺらいなぁと思います。
小さい頃からそうでしたから、趣味の合う友人もいるはずもなくずっと居場所を探していたように思います。かと言ってすごく腰も重いので出かけることも億劫でひとりも大好きなのです。
今も中途半端な自分を引きずりながらともに歩んでいます。古物商も経営もペーペー。
ただ、そんなひとりぼっち感のつよい僕も相思相愛であるはずの妻、店そして好奇心はあるので物選びという仕事に飽きることがありません。幸せな事です。
お客様や街の佇まい、店のロケーションなどいろいろな事に助けられています。
 商品である古道具や民芸品、作家さんのものを選んでから「自分はどこに惹かれたんだろう?」と自問することがしばしばあります。
直感でその時はいい!と思って多種多様に選んでいるけどなにか1本の筋のようなものがあるのかなと。
ちゃんとしてるかなと自分に問いかけます。
 今年ふと感じたのは惹かれるものの一つとして自分にはない物や町のもつ「品格や時間や空気」をもっとふわっと引き出したいのかなと思っています。
店という空間で物と物とを配置する「間」からうまれる感動はすごく気持ちいいし自分のこころにも優しい気がします。
物にもそれぞれ存在するストーリーというか存在感があって、ピタッとはまる生理的にすごく気持ちいい空気感を掴むとたまらないのです。居場所が決まったという感じ。その時は時間が止まったように静かに感じます。
それは何かの問題が解けたときのようなスッキリした感情です。
この商売で良かったとおもう瞬間であり、その時はきっとお客様にも通じるはず!と、ひとりよがりに心は小躍りしています。
選んで並べてお客様にあっての繰り返し。
レイアウトはお店の人はみんな大なり小なりやっている事だけど、仕事モードから抜けたレイアウトハイ。
物の居場所さがしの連続。自分を探すような連続。
そこではぼやけたあるはずの「品格」というものに無意識に向かっているのだと思います。
MOROcraft の店名の前に「古道具と品々」という文字を付け加えたのはそんなことも今年感じたからです。
上品、下品、廃品、絶品、良品、粗品、、、いろいろあるけど僕にとってはみんな大事なふわっとした品格をもっています。


簡素な部屋に小机がぽつんとある。
その整然とした薄ぼんやりとした間のぬけた空間の机に拾ってきた欠片をポツンと置く。
また別の日に朽ちた空き缶をポツンと置く。
緑でも入れてみるかとおもう。その日はパラパラと読みかけの本をめくり寝てしまった。
また別の日に水をいれて雑草をいれてみる。
上から見た机にはさびた欠片と何かの雑草。なんかバランスがとてもいい。
次の日の朝には雑草に花がひとつ咲いていた。
そっと空気は澄みわたり光とその空間は自分のからだに染み込んでいった。うーん満足。気分爽快。
なんか貧乏くさいたとえ話ですね。
才能なし。

とても伝わりずらい話でしたが、ご来店いただく方にとってピュアな空気をつくる「品々」が見つかるお店にしたいなぁーと思います。ネットで買える時代に足を運んでいただけるのですから。
空気清浄器ならぬ空気清浄品ですかね。

自分がそうであるように皆さんも自分に正直になれる瞬間の連続が幸せかなーと思うのです。
そんな今年の話でした。
来年も自分の純心に一歩でも近づき、皆様の心に一滴でもいいから温かい潤いを感じて頂けるもの選びに努力していきたいとおもいます。

2016年の営業は1月4日(月)からになります。
皆様よい一日を。
そして良いお年をお迎えくださいませ。
心よりお祈り申し上げます。

                                      MOROcraft 店主 茂呂裕司 




[PR]
by morocraft | 2015-12-29 18:47 | 季節のご挨拶的な。 | Comments(0)
f0354880_19552316.png

[PR]
by morocraft | 2015-12-24 19:55 | happy holidays。 | Comments(0)
ペラペラとめくった店のメモ書きに妻の落書きを発見。
どこもかしこも乾燥しているのでなんとなくしっとりする。
f0354880_17141238.png


[PR]
by morocraft | 2015-12-20 17:14 | ひとりごと/徘徊。 | Comments(0)
人間は自然の一部であること。
そして野菜から気候を感じ、またつくる人と食べる人が同じ気候のなかにいること。
なるほどー。

f0354880_15094123.png
こんにちは。
今回はじめてご紹介するのは栃木県壬生町にあるベジファームさんの「キャロットスプレッド」
上の画像のように雪の結晶のようなファンタジックなニンジンのイラストがかわいい季節限定!数量限定!の有機栽培された人参の旬を余すところなく、おいしくいただいちゃおうというジャムやペーストです。
手作りで体にやさしい材料のみで作り上げました。
人参苦手!という方(かく言う自分も)にも自然に甘くてとても穏やかなジャムです。
クリスマスプレゼントにもいいかもしんない。



f0354880_15094769.png
内容はというと3個入りです。
➊にんじんのジャム(90ml)・・・レモンが効いてさっぱりです。パンはもちろんヨーグルトにも合います。    
              原材料(有機人参・ビート糖・国産レモン果汁・国産はちみつ)

❷にんじん・ラムレーズンのジャム(90ml)・・・アルコールはとばしてありますのでお子様でもお召し上がりいただけます。レーズンもうまっ!   
              原材料(有機黄人参・ビート糖・有機メープルシロップ・ラム酒・レーズン)

❸にんじんの葉のペースト(90ml)・・・にんじんの葉とナッツのペースト。バジルペーストのようにパンや野菜に塗って。   
              原材料(有機人参葉・有機オリーブオイル・アーモンド・カシューナッツ・天日塩)

全部で3種類。
ねっ?にんじんがこんなに楽しめます。

お値段 1300yen +税
※本製品は糖分控えめ、保存料無添加でつくられています。開封後は冷蔵庫で保管し、1週間以内にお召し上がりください。
f0354880_15095406.png
農業未経験者の素人の僕がベジファームさんを知ったきっかけはN村さんでした。
N村さんは学生時代に環境や農業の勉強をし、しっかりとしたビジョンをもち一人暮らしのおじいちゃんが住むこの栃木市で農業を始めようと決意し、現在、壬生のベジファームさんで学び働いています。
とても物静かですが地に着いた熱い情熱がメラメラと燃え移るような女性です。(あくまでも個人的な意見で愛情を込めています)
ベジファームさんは有機野菜の宅配をされている会社です。facebookもあります。

僕のような無知なものでもとても勉強になります。
●畑と台所をもっと近い関係に。
●里山を育て・使い・守る
●有機農業を伝える。などを基本にし、技術面、経営面では生産者、消費者と常に対話しながら継続できる農業を目指されています。

とても印象に残ったのは
●人間は自然の一部であること。
●野菜から気候を感じ、またつくる人と食べる人が同じ気候のなかにいること。

ベジファームのものに限らず、地元のものを口にいれること、真剣な生産者の顔がみえることはとても安心して暮らせる第一歩なのかなと思うこの頃なのです。一昔前ならあたりまえの事でしょうに。
あたりまえでないからあり難しということですね。



蔵の街 栃木 MOROcraft (モロクラフト)古道具と品々

 〒328-0037
 栃木県栃木市倭町10-3
 TEL/FAX 
0282-21-8838
営業時間AM11:00~PM7:00
 定休日 水曜日と毎月3日

MOROcraft facebook
https://www.facebook.com/morocrafttochigi
※通信販売も承りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
(お問い合わせ) Email  
lovepeacesmile29@gmail.com まで




f0354880_17030648.png

f0354880_17031408.jpg



[PR]
by morocraft | 2015-12-20 16:42 | ベジファームの野菜のこと | Comments(0)
こんばんは。
今夜のUzuma willow(巴波川のほとり)
柳のようにしなやかに生きろと今日も囁く。

f0354880_18071303.png


[PR]
by morocraft | 2015-12-19 18:08 | Uzuma willow(巴波川の沿り) | Comments(0)
f0354880_15415112.png
こんにちは。お待たせいたしました。
大人気の、またまたこんがりおいしい、パキパキの渡良瀬エコビレッジ謹製【玄米せんべい】入荷してます!
今回ははじめて「素焼き」も入荷いたしました。
くせになります、なりました。
f0354880_16053540.jpg
無農薬、無化学肥料、堆肥には栃木市民にはおなじみ渡良瀬のヨシ焼きのあのヨシを使用した自然農法の玄米からうまれたおせんべい。
渡良瀬エコビレッジの玄米は太陽の下で一粒一粒天日干しされ、大事に大事に育てられています。
その手間(愛情)と自然の恵みたっぷりの玄米からできているんだから美味しい事まちがいなし。
だって本当に美味しいもの。
販売しながら小腹がすいたときについ手がでてしまいそうになるにくい奴。
売り物売り物。

材料は
①玄米(渡良瀬エコビレッジ産天日干し米)  
②醤油(国産丸大豆、小麦、無添加の甘塩)のみ!(ごま入りは +ごま、えごま入りは+えごま)
なんとシンプル。そして美味しい。年末にポリポリどうでしょう!

【天日干し】玄米せんべえ (渡良瀬エコビレッジ謹製)

      (素焼き)8枚入り  (¥470+税)
      (しょうゆ)8枚入り (¥480+税)
      (ごま  )8枚入り (¥500+税)
       (えごま )8枚入り (¥500+税)


蔵の街 栃木 MOROcraft (モロクラフト)古道具と品々
 〒328-0037
 栃木県栃木市倭町10-3
 TEL/FAX 
0282-21-8838
営業時間AM11:00~PM7:00
 定休日 水曜日と毎月3日

MOROcraft facebook
https://www.facebook.com/morocrafttochigi
※通信販売も承りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
(お問い合わせ) Email  
lovepeacesmile29@gmail.com まで




f0354880_17030648.png

f0354880_17031408.jpg



[PR]
by morocraft | 2015-12-12 15:57 | 渡良瀬エコビレッジのお米・お野菜など。 | Comments(0)
f0354880_18485903.png
こんにちは。
今日は鹿沼市からきびがら工房の丸山早苗さんがきびがら細工とともにお店に来てくださいました。
実は申(さる)年の僕は楽しみにしていたのでした。イエイ!
同じ栃木県の鹿沼市。鹿沼市の特産品である鹿沼箒は戦前の民藝運動で知られる柳宗悦さん「手仕事の日本」の中でも紹介されています。
丸山さんは栃木県で唯一の鹿沼箒の継承者なのです。
きびがら細工は丸山さんの父である2代目の青木行雄さんが昭和37年に創案。鹿沼箒の材料を使い、古来から伝わる箒編みの技を駆使しつくりあげました。
丸山さんも行雄さんの意志を継ぎ、伝統あるハマグリ型の最高品質のほうきやきびがら細工をつくるため、地域の方々と大切に原材料を育てています。
原材料の箒草について、生産者は丸山さんが全幅の信頼を寄せる有志の方、3名のみです。
無農薬無化学肥料にて栽培された箒草のみ使用。


【栃木県鹿沼市】きびがら工房のきびがら細工(申 さる)
                          ¥1,200+税 japan


f0354880_19181160.png
今日、丸山さんが店に見える前に店にいらしたNPO法人とちぎユースサポーターズネットワークの古河(ふるかわ)さんと菊池さんといつもふいにあらわれるマチナカプロジェクトの大波くんとが偶然にも合流。箒談義に花が咲いたのでした。
今日は大切な種のお話やこだわりのことなど楽しい時間でした。
栃木も鹿沼も土地の資源をいかしたモノづくりが着々と根付いているようです。
f0354880_18495634.png
左からマチナカプロジェクト大波くん、NPO法人とちぎユースサポーターズネットワークの菊池さん、きびがら工房の丸山早苗さん、NPO法人とちぎユースサポーターズネットワークの古河さん。
f0354880_18492084.png
みんな違う表情や手足。干支の中でも唯一の手書きの顔をもつ「申」
f0354880_18524682.png
オスかメスかはたまた大人か子供か?
f0354880_18493813.png
可憐な素朴さとほのぼのとしたほほえみをあなたに。
f0354880_18503090.png
きびがら細工with大谷石
f0354880_18501648.png
ほうき草を大胆にカットしたヘアスタイル。
f0354880_18461839.png
f0354880_18491266.png
ベレー帽に見えなくもない。
おさるにはベレーが似合う。
f0354880_18500583.png
f0354880_18510436.png
f0354880_19180281.png

栃木県(とちぎけん)鹿沼市(かぬまし)は、座敷箒(ざしきぼうき)の生産地として知られた所です。鹿沼で箒きびの栽培が行われるようになったのは、天保(てんぽう)12年(1841年)、上殿の代官、荒井喜右衛門(あらいきえもん)が江戸(えど)練馬(ねりま)より箒きびの種を持ち帰り、花岡村(はなおかむら)に植えつけたのが始まりといわれています。以後、品種改良を経て箒きびの生産量が増えるとともに、箒の生産も行われるようになり、鹿沼は座敷箒の一大産地となりました。鹿沼で製造された箒は「鹿沼箒」といわれ、柄の付け根をハマグリ型に針金で編み上げたハマグリ型箒です。鹿沼箒に一大転換期が訪れたのは、昭和(しょうわ)30年代の電気掃除機の普及です。便利な電気掃除機が普及すると座敷箒の需要は激減しました。そうした中、座敷箒に代わる新しい特産品として考案されたのが、きびがら細工です。(栃木県教育委員会 資料より)




蔵の街 栃木 MOROcraft (モロクラフト)古道具と品々
 〒328-0037
 栃木県栃木市倭町10-3
 TEL/FAX 
0282-21-8838
営業時間AM11:00~PM7:00
 定休日 水曜日と毎月3日

MOROcraft facebook
https://www.facebook.com/morocrafttochigi
※通信販売も承りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
(お問い合わせ) Email  
lovepeacesmile29@gmail.com まで




f0354880_17030648.png

f0354880_17031408.jpg



[PR]
by morocraft | 2015-12-03 19:53 | 民藝とこれから。 | Comments(0)
f0354880_11525460.png
f0354880_11522940.png
【12月のお休み】
12月2日(水)お休み
12月9日(水)お休み
12月15日(火)お休み
12月16日(水)営業いたします
12月23日(水)天皇誕生日 営業いたします
12月30日(水)~1月3日 冬休みをいただきます。





蔵の街 栃木 MOROcraft (モロクラフト)古道具と品々

 〒328-0037
 栃木県栃木市倭町10-3
 TEL/FAX 
0282-21-8838
営業時間AM11:00~PM7:00
 定休日 水曜日と毎月3日

MOROcraft facebook
https://www.facebook.com/morocrafttochigi
※通信販売も承りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
(お問い合わせ) Email  
lovepeacesmile29@gmail.com まで




f0354880_17030648.png

f0354880_17031408.jpg



[PR]
by morocraft | 2015-12-03 11:59 | お休み・営業日のお知らせ。 | Comments(0)