蔵のまち・栃木市で営業中。 日用雑貨・古道具を扱っています。静かな光と影をあなたに。 MOROcraft(モロクラフト) 栃木県栃木市倭町10-3 0282-21-8838 11:00-19:00 水曜と毎月3日が定休日 ※通信販売もしていますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。 Email lovepeacesmile29@gmail.com まで。店頭のみクレジットでの支払可


by morocraft
カレンダー

<   2015年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

f0354880_20170862.jpg
【ゴールデンウィークの営業予定です。】
是非、お気をつけていらしてくださいね!
 
4月29日(水)営業
4月30日(木)お休み
5月1日(金)~5月6日(水)営業 
※5月7日(木)はお休みです。

●【栃木市】ゴールデンウィーク明けの5/9(土)、5/10(土)には
  栃木市映画祭http://kura-movie.jp/
  一箱古本市http://ameblo.jp/tochigi-hitohako/
     
● 6/6(土)、6/7(日)
 栃木市嘉右衛門町にて恒例のマルシェ「クラモノ」
https://www.facebook.com/kaemonkuramono
開催です!
今から予定にいれてね!
f0354880_20274670.jpg
蔵の街 栃木 MOROcraft (モロクラフト)古道具・日用品
 〒328-0037
 栃木県栃木市倭町10-3
 TEL/FAX 0282-21-8838
MOROcraft facebook https://www.facebook.com/morocrafttochigi




f0354880_17030648.png

f0354880_17031408.jpg





[PR]
by morocraft | 2015-04-28 20:32 | お休み・営業日のお知らせ。 | Comments(0)
f0354880_19093090.jpg
こんにちは。
益子町発行 「ミチカケ」 春 第4号 届きました。

・特集「日々のこと」
※表紙 染め絵 安田麻由子(やすだまゆこ)
 多摩美術大学卒業後、益子町にて墨絵師の故・津守 順 氏師事。現在は埼玉県在住。着物の帯やイラストの制作を行っている。
f0354880_19102242.jpg
・「little neighbors」 のイラストを書いている小山の大島英太郎さん、お元気ですか?
素敵な絵ですね!こんな絵本をお書きです。
https://www.fukuinkan.co.jp/searchresult.php?search_flg=wrt&writer_name=%C2%E7%C5%E7%B1%D1%C2%C0%CF%BA

f0354880_19171611.jpg
f0354880_19161255.jpg
f0354880_19162147.jpg
f0354880_19175817.jpg
f0354880_19180678.jpg
f0354880_19160426.jpg
f0354880_19412816.jpg
蔵の街 栃木 MOROcraft (モロクラフト)古道具・日用品
 〒328-0037
 栃木県栃木市倭町10-3
 TEL/FAX 0282-21-8838
MOROcraft facebook https://www.facebook.com/morocrafttochigi




f0354880_17030648.png

f0354880_17031408.jpg





[PR]
by morocraft | 2015-04-24 19:21 | フリーペーパーのこと。 | Comments(0)
f0354880_16150164.jpg
さぁ、はいりましたよ。お待たせしました!
今なら全色揃ってますよ!
GOLDENWEEKの前に買っちゃおうかな?
男女ともに似合うし、嫁とシェアしようかな。


●【神戸ザック】製 デイバッグ Kobe Japan  (¥15700+税) 
  素材:9号帆布・牛皮・ナイロン  
  color 帆布部分 ナチュラル 
※衣類への色移りを考慮して、カラー帆布は使用していません。 
  ◍パイピングテープ 白   在庫あり           
  ◍         グレー 在庫あり          
  ◍         赤  在庫あり   

※帆布は目の細かい丈夫なものを使用。裏地もしっかりしているので、多少の雨なら侵入することはありません。
※通信販売もしていますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。
Email lovepeacesmile29@gmail.com まで

●関西の企業とクリエイターがいっしょになって取り組む、あたらしいモノづくりのカタチ。
「made in west」。
得も言えぬ背負い心地の良さ、「本気で使える」ザックです。(メーカー資料より)

西神戸唯一の登山用品専門店であり、登山家である店主自らデザインしたオリジナルザックも製造・販売する「神戸ザック」。
彼らがとても大切にしているのは、登山用ザックでは必須ともいえる、重いものを長い間かついでも安定して疲れにくい、うっとりするような“背負い心地の良さ”。
1点1点手作りです。ザック一筋40数年。
神戸ザックさんの取材記事はこちらから(R不動産さま取材)https://reallocal.jp/926
ベースとなっているのは、神戸ザックが創業当初より取り扱う帆布製のフレンチタイプ。
フォルムを縦長に、底マチをななめにすることで、たくさん荷物を入れても重みを感じず、また胴背部分の立体裁断によって、バツグンのフィット感と安定感をもたらします。
染めた帆布は汗をかくと洋服などに色移りする可能性があるため、帆布の色はナチュラルのまま、ふたの部分を赤、グレー、白のテープでパイピングし、バリエーションと彩りを加えました。

f0354880_16160107.jpg
f0354880_16142839.jpg
f0354880_16144263.jpg
f0354880_16130366.jpg
1点1点、すべてハンドメイド。
f0354880_16131424.jpg
f0354880_16132382.jpg
f0354880_16133752.jpg
このまだ薄い皮の色がだんだんアメ色になるんですよ。育てて下さいね。
f0354880_16134533.jpg
f0354880_16135652.jpg
脇からものが取り出せるから便利です。
f0354880_16161983.jpg
上ぶたをあけて中をのぞくと、中はナイロン張りで内側の上に一つ、と横から手を入れたところにも1つ、計2つのポケットがありますよ。携帯やお財布やカギもOK.
f0354880_16162905.jpg
背負うところは表面は皮製、裏はすべらないようにフェルトが貼ってあります。完璧。
f0354880_16163858.jpg
f0354880_16164646.jpg
f0354880_16171028.jpg
f0354880_17493723.jpg
f0354880_19272154.jpg
蔵の街 栃木 MOROcraft (モロクラフト)古道具と品々
 〒328-0037
 栃木県栃木市倭町10-3
 TEL/FAX 
0282-21-8838
MOROcraft facebook https://www.facebook.com/morocrafttochigi
※通信販売も承りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
(お問い合わせ) Email  
lovepeacesmile29@gmail.com まで




f0354880_17030648.png

f0354880_17031408.jpg



[PR]
by morocraft | 2015-04-23 16:19 | made in west /神戸ザック他 | Comments(0)
こんにちは。
今日も雨模様の栃木市。穀雨だからしょうがない。おいしい野菜のためだ。

昨日の19日の日曜日はお店をお休みして都内に向かいました。
この日は有楽町にて「大江戸骨董市」、目白にて「目白コレクション」がありました。
谷中の旅ベーグルさんに行くチャンス!
朝、5時5分の栃木発の東武線快速でまずは千駄木へ。
7時前に到着。
誰も歩いていない街中をのんびり写真を撮りながら歩いてテクテク。
いつものクラシコさん(http://www.classico-life.com/)へ行く道。
路地にはたくさん花も咲き、近所のおじいちゃんもブラブラ。片っぽ裸足でしたけど。
f0354880_16394731.jpg

f0354880_16240869.jpg
f0354880_16252764.jpg
さて旅ベーグルさん(http://www.tabibagel.net/)に到着。
朝7時開店です。早い!
朝と昼に開店して売り切れ次第終了。
f0354880_16243669.jpg
到着すると僕のあとにエコバッグ持参の常連さんらしいおじさんもいらして、さあ、開店。
入った途端にメガネが真っ白にくもる。
あったかい空気と美味しいベーグルを焼く匂い。
旅ザター(http://tabispice.net/)のお話をしながら談笑。
「地方の場合、おいしい野菜や食材がたくさんあるので素材の味を生かしてほしい!おしゃれとかでなく、そんな毎日の生活に無理なく溶け込んで、おいしい食事に生かしてほしい」と店主の松村さん。
お話聞けて良かった。
朝早いのとお忙しい中、とても笑顔で親切にご挨拶いただいて、本当にありがとうございました。
自分の朝めしと古道具仲間への差し入れで定番のプレーンとレーズン、そして今日は黒ゴマあんこのベーグル、そしてアアルトコーヒーの深煎り「アルヴァブレンド」、オリジナルのジャムも買って満足して店をでました。
自分の後ろにももう行列。とても地元に根付いているのです。
f0354880_16400201.jpg
朝のクラシコさん(http://www.classico-life.com/)にも立ち寄り(こんな早く開いてませんが。)敬礼して
静かな朝の空気と花と猫と焼きたてのベーグルを食べながら千駄木駅へもどる。
いつ来ても栃木とかわらないのどかさ。
いい街です。



さて大江戸骨董市だ。久しぶりなので興奮、鼻血でそう。
f0354880_16263209.jpg
8時くらいには着いたので結構みれた。
知り合いの方にもご挨拶して焼きたてベーグルを。
とても喜んでいただけてありがとうございました。
見て話し込んでとても刺激をうけ、不安と勇気をもらう。昼くらいには少し雨降り。
次はそろそろ目白だ。鼻血でそう
f0354880_16282884.jpg
ここは年に2回の開催の骨董会。
ここでも全国から指折りの今が見られます。
古民藝や仏教美術、李朝が多いかな。
ここはみるだけでも心がすっとなる。
皆さん、いつもながら、きれいに展示していましたが、
青山にあるSundriesさんで李朝の大きな蓋物の容器にいけてある花がすごくて聞いたら西別府さんだった。
根っこはみ出しまくりの熱帯植物。なんか一番印象的でした。
ここでもいろいろ話せて良かった。

静かな興奮とともに会場を後に。
せっかく目白なんだからと古道具 坂田さんを目指すが日曜日なので休みかと思ったが、休みの坂田さんを見たかったので(笑)
途中のギャラリー鈴木さんをみて坂田さんへ。
f0354880_16274842.jpg
もう完全に古道具モードなので、そんなものしか目に入らず。
f0354880_16275577.jpg
f0354880_16281321.jpg
f0354880_16270253.jpg
f0354880_16265263.jpg
f0354880_16273582.jpg
f0354880_16253825.jpg
f0354880_16255194.jpg
f0354880_16251357.jpg
いい一日でした。ごちそうさま。









蔵の街 栃木 MOROcraft (モロクラフト)古道具・日用品
 〒328-0037
 栃木県栃木市倭町10-3
 TEL/FAX 0282-21-8838
MOROcraft facebook https://www.facebook.com/morocrafttochigi




f0354880_17030648.png

f0354880_17031408.jpg





[PR]
by morocraft | 2015-04-20 17:27 | ひがし東京界隈。 | Comments(0)
こんばんは。
明日の4/19は日曜日ですが、ブログにて告知させていただいておりましたように、お店はお休みです。
ご来店ご予定のお客様には大変ご迷惑をおかけいたします。
仕入れや所要で都内出張です。
いろいろ勉強してまいります。どうぞ宜しくお願い致します。

                               店主

●【茨城県 古河市】 明日4/19は古河市にて北関東の古道具屋さん集合のトロマル市
https://www.facebook.com/toromarukoga
●【栃木市】ゴールデンウィーク明けの5/9(土)、5/10(土)には
  栃木市映画祭http://kura-movie.jp/
  一箱古本市http://ameblo.jp/tochigi-hitohako/
     
● 6/6(土)、6/7(日)
 栃木市嘉右衛門町にて恒例のマルシェ「クラモノ」
https://www.facebook.com/kaemonkuramono
開催です!
今から予定にいれてね!
f0354880_19573978.jpg
f0354880_19571737.jpg

[PR]
by morocraft | 2015-04-18 20:17 | お休み・営業日のお知らせ。 | Comments(0)
こんにちは。
今日は定休日なので、朝のうちは家で地元のケーブルテレビを見ながらのんびり。
昨日、店に届いた旅ザター(ミックススパイス from 旅スパイス )でトーストを焼いてみる事に。
f0354880_13002497.jpg
旅スパイスさんのレシピ通りにやってみる。http://recipes.tabispice.net/
【用意するもの】食パン2枚分
旅ザター 大さじ1
オリーブオイル 大さじ2
レモンの絞り汁 小さじ1
おいしいパン2枚
まごころ♡

あいにく茂呂家にはレモンがなく「ポッカレモン100」がin 冷蔵庫。(松村さん、すみません)
僕らが地元・栃木市にもある近所のヨークベニマルで揃うボスコのオリーブオイルやレモン。身近です。
写真は高級感を出すべく朝日を充分に浴びせてみました。
f0354880_14240013.jpg
まずはオリーブオイルに旅ザターを。
ザター大さじ1杯。オイル大さじ2杯。
ここで味見。最初、さわやかに喉がスッーとしてゴマがきて最後スパイシー!
f0354880_13010425.jpg
f0354880_13011807.jpg
新鮮なレモンを小さじ1杯。(茂呂家はポッカレモン100)
f0354880_13013021.jpg
混ぜ合わせたものをパンにぬる。
f0354880_13013979.jpg
こんがり焼いたらこんな色。
f0354880_13015698.jpg
ガブリと食べたら
最初 ん?
次 食べた事ない味
最後 酸味(レモンとスパイスか?)
もっとたっぷり作ってたっぷり塗って焼いたらいいかも。
この後、チーズも一緒にしたらまろやかでしたよ。
飲むヨーグルトといっしょに頂きました。
ごちそうさま。では明日、お店で。
f0354880_13024977.jpg
蔵の街 栃木 MOROcraft (モロクラフト)古道具・日用品
 〒328-0037
 栃木県栃木市倭町10-3
 TEL/FAX 0282-21-8838
MOROcraft facebook https://www.facebook.com/morocrafttochigi




f0354880_17030648.png

f0354880_17031408.jpg





[PR]
by morocraft | 2015-04-15 13:37 | ひがし東京界隈。 | Comments(0)
f0354880_15453104.jpg
こんにちは。
雨しとしと。
そんな天気にもピリリと入荷!
「旅ザター」
えっ?何かって?
まだ寒いから僕は温野菜かスープにパラパラ。

東京は谷中、ご存じおいしいベーグル屋さん「旅ベーグル」のニューカマー「旅スパイス」。

初のリリースはこちら

【サラダ/トースト/パンケーキに!チーズともGOOD!】
「one pinch moves you.」
    Tabi Za'atar(旅ザター)   ¥550+税/1袋 20g入り 

●ザターとはタイムやごまを基本に調合された、中東発祥のスパイスミックス。今ではヨーロッパ諸国やアメリカなどでも親しまれているこの味をTabi Spiceさんでは日本人の味覚にすっと馴染み、日々の食生活で気軽に楽しめるブレンドに仕上げました。

●賞味期限(只今入荷分 2016年4月)
●開封後は冷暗所にて保存。
原材料 
タイム(イスラエル産)、白ゴマ(トルコ産)、スマック(トルコ産)、金ごま(国産)、マジョラム(エジプト産)、ひよこ豆(アメリカ産)、ピンクソルト(パキスタン産)


(旅スパイスさんより)

Za’atar(ザター)。
このなんとも不思議な響きを持つスパイスミックスを知ったきっかけは友人が “お土産として” ザターを持って立ち寄ったことである。彼は世界中を仕事で旅していて、いつも刺激的なものを お店に持ち込んでくれるのだ。
ベーグル製造業という仕事柄か、香辛料やハーブに対して人並み以上に興味がある僕はすぐにこ の不思議なスパイスミックスに夢中になった。日々の食卓の料理に使えば、どの一皿もどこか新 しい閃きを持つものになった。けれど使えば使うほど、このお土産でもらったザターの味が僕の 舌には(もしくは我が家の料理には)少し強すぎるのでは?とも感じ始めていた。そこで僕はそ の友人を誘い、自分たちのザターを調合し始めた。異国のニュアンスをいちばん大事に保ちなが ら、でも僕たちの食生活にもすっと寄り添うようなザターとなるように。
"One pinch moves you"
ちょっと舌がおかしくなるぐらい試行錯誤した結果、“tabi za’atar(旅ザター)”は完成し、こうし てお披露目できる運びになりました。

Blended in Yanaka, Tokyo,
Tabi Spice / 旅スパイス

レシピなどこちらから  Tabi Spice 
http://recipes.tabispice.net/


かわいいピンクの台紙やパッケージデザインはイラストレーターの落合恵(おちあいめぐみ)さん。
http://www.ochiai-megumi.com/
f0354880_15454576.jpg
f0354880_15455729.jpg
蔵の街 栃木 MOROcraft (モロクラフト)古道具・日用品
 〒328-0037
 栃木県栃木市倭町10-3
 TEL/FAX 0282-21-8838
MOROcraft facebook https://www.facebook.com/morocrafttochigi




f0354880_17030648.png

f0354880_17031408.jpg





[PR]
by morocraft | 2015-04-14 16:31 | 東東京界隈。 | Comments(0)
f0354880_17502686.jpg
f0354880_17501251.jpg
f0354880_17383548.jpg
f0354880_17384782.jpg

[PR]
by morocraft | 2015-04-13 17:39 | ふるもの。 | Comments(0)
f0354880_17375758.jpg
昭和7年(1932年)「工芸」14号 柳宗悦 著によると
「名もない津軽の女達よ、よく是程のものを遺してくれた。
麻と木綿とは絹の使用を禁じられた土民の布であった。だがその虐げられた禁制の中で是程美しいものを生んでくれた。それを幸な不幸と云うか、または不幸な幸呼ぼうか
人々は生活に即して、ものを美しくしたのである。
之こそは工芸の歩む道ではないか。私たちはその美しさにひかれてゐる。
数々の教えをそこから学んでゐる。」

この一文がこぎん刺し復興のきっかけを作ったと言っても過言ではありません。
柳宗悦氏らの勧めもあり(財団法人)木村産業研究所がこぎんについての基礎的研究にはいり、再興に努めました。
その後、昭和37年(1962年)に弘前こぎん研究所に引き継がれ現在に至っております。
(弘前こぎん研究所 パンフレットより)

こぎん刺しについては後半に詳しく書きました。よろしければ読んでみて下さいね。

青森県【弘前こぎん研究所】
こぎん刺し 二つ折り名刺入れ ¥2000+税(麻布に木綿糸の刺繍) 
      ペンケース    ¥2100+税(麻布に木綿糸の刺繍)
(Made in Hirosaki city, Aomori pref,Japan)
f0354880_17244468.jpg
同じ藍染の布地にちがった「モドコ」で木綿の白い糸で刺繍。これがスタンダード。
f0354880_17252189.jpg
「モドコ」と呼ばれる刺繍の基本の形が何種類も連続して刺繍されています。
f0354880_17255048.jpg
f0354880_17260679.jpg
自分の名刺と頂いた名刺を分けていれることもできます。
f0354880_17262321.jpg
f0354880_17270328.jpg
とても手になじむ大きさでとても品のあるペンケースです。
f0354880_17274196.jpg
f0354880_17281261.jpg
f0354880_17283922.jpg
f0354880_17290675.jpg
f0354880_17292733.jpg
f0354880_17294085.jpg
こぎん刺しとは刺子の1種類ですが、一般的に知られている刺子とは違い、布地の横糸に沿って縦糸の本数を数えながら刺していくという方法が取られています。
刺子の多くが補強・保温を目的に刺されていたように、こぎん刺しも目的は同じで、
藩政時代には農民は古着以外の綿布の着用が禁じられていました。
その為、自生する麻を用いて着物を作り、その胸と背の部分にこぎん刺しを使用したのです。
歴史的には「こぎん」という言葉として今一番古いものは、元禄8年(1695年)の津軽藩 藩政日記に見られますが、これは現在残されているような「こぎん」であったかどうかは定かではありません。

その後の「奥民図彙」平野貞彦(当時の津軽の生活を描いたもの)の中に
「サジコギヌ、布を糸にてさまざまな模様に刺すなり、其見事なり、男女共に着す多くは紺地に白き糸を以って刺す」
と文章と絵とで示された資料より、天明8年(1788年)頃には今に残る刺し方は完成されていたと思われます。
江戸時代中期から明治に入ると木綿糸が農民にも手に入りやすくなり、豪華なこぎんが競って刺されるようになりました。
その結果、地域で異なる東こぎん、西こぎん、三縞こぎんと大別される文様が今に伝えられています。

しかし汽車の開通により安価で大量の綿布がはいるようになると手間のかかるこぎんを刺す人が途絶え、衰退の一途をたどる事となったのです。

昭和7年(1932年)「工芸」14号 柳 宗悦 著によると
「名もない津軽の女達よ、よく是程のものを遺してくれた。麻と木綿とは絹の使用を禁じられた土民の布であった。だがその虐げられた禁制の中で是程美しいものを生んでくれた。それを幸な不幸なと云うか、または不幸な幸呼ぼうか。人々は生活に即して、ものを美しくしたのである。之こそは工芸の歩む道ではないか。私たちはその美しさにひかれてゐる。数々の教えをそこから学んでゐる。」

この一文がこぎん刺し復興のきっかけを作ったと言っても過言ではありません。
柳宗悦氏らの勧めもあり財団法人 木村産業研究所がこぎんについての基礎的研究にはいり再興に努めました。
その後、昭和37年(1962年)に弘前こぎん研究所に引き継がれ現在に至っております。
(弘前こぎん研究所 パンフレットより)

農村の娘である限り、誰もが皆、5、6歳の頃からこの刺繍を習い、14、5歳ともなれば一かどの刺手となり、競って美しいこぎんを刺すため努めました。そうした事情により発達したこぎん文様が今日、民藝品として最高のものであることが認められ、その応用作品が多くの人々によって愛用されるようになりました。
(弘前こぎん研究所 しおりより


蔵の街 栃木 MOROcraft (モロクラフト)古道具・日用品
 〒328-0037
 栃木県栃木市倭町10-3
 TEL/FAX 0282-21-8838
MOROcraft facebook https://www.facebook.com/morocrafttochigi




f0354880_17030648.png

f0354880_17031408.jpg





[PR]
by morocraft | 2015-04-11 17:30 | 民藝とこれから。 | Comments(0)
f0354880_18141527.jpg
こんにちは。サミーねサミーねサミーデイビスジュニアなこの頃ですね。
さて、
大好きな絵を描くアートディレクターの渡邉好重(わたなべよしえ)さん。
去年2014年の7月に待望の復刻にて『UN DEUX』(文・高山なおみ)をリトルモアより出版。
この際だからみんな紹介してしまえ!、と最近、MOROcraft店頭に並びました。
写真を撮るのが上手ではないので、この絵本の色や紙の質感が伝えられなくて残念!
作り手の皆さん、すみません。
とても繊細で優しく強く、静かな希望に燃え。。。あー伝えられない。

3冊ご紹介しています。是非、みなさんひとりひとり感じて下さい。
プレゼントとしても好評です。

①『UN DEUX』2014年 2008年に発売された絵本の復刻盤。表紙もぐっと印象的に。料理家 高山なおみさんのはじめての書き下ろし絵本。
(¥2200+税)

②『ブローチ』内田也哉子 2004年、初の書き下ろし。物語ページをめくるたび、胸がキュンとなる魔法の絵本 。「平成17年度講談社出版文化賞ブックデザイン賞」、「2005年ニューヨークADC賞・金賞」の受賞をはじめ、多方面よりご好評をいただき至宝の名作。
(¥1714+税)

③『ジャーニー』2012年、3人のコラボレーション。日本を代表する詩人であり、傑作絵本も数多く手がけてきた、長田弘。絵本『ブローチ』で世界の人々を魅了し続ける、デザイナー 渡邉良重。ヨーロッパなど国内外で高い評価をうける、ジュエリー作家 薗部悦子。
(¥2000+税)


『UN DEUX』
● 渡邉良重(わたなべ よしえ)アートディレクター、デザイナー。1961年山口県生まれ。DRAFTに25年間勤務したのち、2012年、植原亮輔氏と共に キギ を設立。主な仕事としてはD-BROSのプロダクトデザイン、une nana cool、PASS the BATONのアートディレクションなど。絵本『BROOCH』(文・内田也哉子)『UN DEUX』(文・高山なおみ)をリトルモアより出版。『BROOCH』は、ONE SHOW DESIGNやNY ADC賞で金賞を受賞。

● 高山なおみ1958年静岡県生まれ。レストランのシェフを経て料理家に。文筆家としての顔も持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
f0354880_18120056.jpg
f0354880_18120732.jpg
f0354880_18132144.jpg
f0354880_18145052.jpg
f0354880_18150627.jpg
f0354880_18144003.jpg

f0354880_18121614.jpg
f0354880_18123175.jpg
f0354880_18124791.jpg
f0354880_18131348.jpg
f0354880_18140491.jpg
『ブローチ』
● 内田也哉子…1976年東京生まれ。19歳で本木雅弘と結婚。現在ニ児の母。翻訳書に『たいせつなこと』(マーガレット・ワイズ・ブラウン著/フレーベル館)、『岸辺のふたり』(デュドク・ドゥ・ヴィット著/くもん出版)のペーパームービー』(朝日出版社)、『会見記』(リトルモア)がある。

f0354880_18133370.jpg
f0354880_18134222.jpg
f0354880_18141527.jpg
f0354880_18171804.jpg
『ジャーニー』
●長田 弘(おさだ ひろし)詩人。1939年福島市生まれ。毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞、講談社出版文化賞など受賞多数。詩集、エッセー集を多数発売し、絵本の翻訳も手掛ける。

● 薗部悦子(そのべ えつこ)ジュエリー作家。1955年東京都生まれ。石の扱い方に特徴がある「etsuko sonobe」のジュエリーブランドを展開。コンテンポラリージュエリーの制作を続け、作品はオランダやイギリス、そして国内のギャラリー、美術館などで発表している。2009年にオランダGalerie Marzee の「The Marzee Prize」を受賞

f0354880_18151699.jpg
f0354880_18165126.jpg
f0354880_18142755.jpg
f0354880_18153129.jpg
f0354880_18154147.jpg
蔵の街 栃木 MOROcraft (モロクラフト)古道具・日用品
 〒328-0037
 栃木県栃木市倭町10-3
 TEL/FAX 0282-21-8838
MOROcraft facebook https://www.facebook.com/morocrafttochigi




f0354880_17030648.png

f0354880_17031408.jpg





[PR]
by morocraft | 2015-04-08 23:29 | 気になる書籍/音楽紹介。 | Comments(0)