蔵のまち・栃木市で営業中。 日用雑貨・古道具を扱っています。静かな光と影をあなたに。 MOROcraft(モロクラフト) 栃木県栃木市倭町10-3 0282-21-8838 営業日はブログまで。 ※通信販売もしていますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。 Email lovepeacesmile29@gmail.com まで。店頭のみクレジットでの支払可


by morocraft
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:御茶ノ水のダイアリー。( 2 )

f0354880_21004619.png
昨日、6/7は店を休みにして妻と一緒に御茶ノ水の病院へ。
僕の妻には心臓の持病があり、今度とても大きな彼女にとってもビビりまくりの手術を控えている。
今日は手術日がきまった。

そんなこともありお店も6月、7月は休みがちになるかもしれません。
こんな手術もいつかくるんだろうなぁと妻と話しあってサラリーマンから自営になりました。
お客様にはとてもご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご理解の程、よろしくお願い致します。

妻と結婚して12年になり、いろいろ一緒に乗り越えてきたというか、妻が乗り越えて強くなってきている。
でも今回ばかりはとても不安だとおもう。
妻は御茶ノ水駅を降りてこの聖橋と工事中の駅舎を季節関係なく、毎回写真に収める。それを収める僕。
恰好はちい散歩のようだ。この時、妻は何を思うんだろう。

「去年の夏より10kg太って、洋服入んないや」と笑っていっているが、あまり体を酷使できないのでのんびり生活していたらこうなったのです。
僕は妻が小さいけど大口をあけて食べる顔が好きでよく写真をとる。
無邪気に食べてる顔が大好きだ。なんかほっとする。
いつも病院の時はおいしいものを食べて帰ろうとなる。「今日は神保町へいってみよう」
f0354880_21022141.png
となって古本屋を数件回ったが、雨とあいまって休憩となり、引き寄せられるように老舗の「ラドリオ」に。
f0354880_21020680.png


遅いランチタイムとあり空いていて窓際に案内された。妻も僕もタバコの煙りはだめなので入口近くの窓際でラッキー。
頼んだのはランチセットで妻はカレー、僕はナポリタン。
日本初のウインナーコーヒーのお店。今年66年目
1949-1979とある記念の灰皿をながめて、いい店だといいつつ、変わりばんこにトイレへいって、店内をぶらつく。
うまそうに大口をあけて食べる妻を激写してオーダーを待つ。
                 
f0354880_21005503.png
f0354880_21010818.png


来た。ナポリタンのランチ。
f0354880_21003546.png

テンションのあがるビジュアル系珈琲。
f0354880_21012001.png

f0354880_21013230.png


お会計の伝票の後ろにも「ありがとう」。
この音のない会話、空間。
二人にはちょうど良かったです。ありがとう。
二人でほっこりしたね、といいつつのんびり東京を後にしたのでした。




f0354880_21013965.png



ラドリオとはスペイン語でたしかレンガの事か?


f0354880_21015419.png

[PR]
by morocraft | 2016-06-08 20:54 | 御茶ノ水のダイアリー。 | Comments(0)
f0354880_13465362.png
こんにちは。
昨日の定休日は月に一度は行く御茶ノ水。
行くたびに橋のうえから眺める神田川と駅舎は工事がどんどん進み東にある聖橋が良く見えない。
朝早くて夜遅いことも多いのでいつもどこにも寄らないことが多いのですが、昨日は年の初めなので老舗の喫茶店に顔出してきました。

f0354880_13463997.png
いつも通りすぎていたけど、ほっこりしたくて入店。
お母さん一人で切り盛りしているけど、馴染みのお年寄りのお客様も多いらしく各テーブルを回って「最近の若い人は新聞読まないね」なんて話をしている。
前の席にいたご老体の男性2人はお医者さんだったらしく戦時中に食べたらしい珍味の話でもりあがっている。
ここはかなりの確立で各テーブルの時代が止まっているらしい。
少し離れた席には着物姿のご夫婦がみえる。奥様と目があったので視線をそらした。
自分から見えないTVからは相撲中継がきこえる。相撲中継を聞くとどこに居ても実家のこたつにいる気がする。ずいぶん前になくなった祖父が相撲好きだったことを思い出す。
ゆっくり読もうとおもって開いた本がなかなか頭にはいってこない。
真冬のアイスコーヒーもなかなか出てこない。
と言う間に注文したアイスコーヒーと「今年も宜しく」といって不思議なものがテーブルに届く。
食べて5口めくらいで「あー、柿か!」と気づく。スプーンの端には「NO WAR」の文字。日本ていいなと思う。
柿を一心にバクバク食べているとお母さんが「はい、新聞」と向かいの椅子の上に置いてくれた。
f0354880_13471696.png

f0354880_13464555.png
f0354880_13471105.png

[PR]
by morocraft | 2016-01-14 13:48 | 御茶ノ水のダイアリー。 | Comments(0)