蔵のまち・栃木市で営業中。 日用雑貨・古道具を扱っています。静かな光と影をあなたに。 MOROcraft(モロクラフト) 栃木県栃木市倭町10-3 0282-21-8838 営業日はブログまで。 ※通信販売もしていますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。 Email lovepeacesmile29@gmail.com まで。店頭のみクレジットでの支払可


by morocraft
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

都賀のこと。「ASATTE COFFEE」 からの 「都賀図書館へ 清水将司さんの展示」


f0354880_17045142.jpg

こんにちは。

お休みの月曜日、栃木市都賀町にやっと行けた。
僕の店から車で15分。ち、ちかい。
栃木市都賀町の「ASATTE COFFEE」あさってコーヒーさんへ。
可愛らしい名前ですぐに覚えました。
光明寺というお寺さんの中にお店はあります。

「ASATTE COFFEE」の店主は黒磯のSHOZOさんの出で、うちに以前いらしたtentenmauntainのTomomi Takashioさんという、やはりSHOZOさん出のイラストレーターさんが教えてくれたのでした。
そのあと、ご丁寧に店主のCMさんもいらしてくれたのに、ショップカードをお客様にご案内するだけで行けてなかったのでした。

都賀と言えば唐揚げ、ソースかつ丼、都賀盆という盆踊り大会のイメージしかなく、馴染みのなかった僕はナビを頼りに大谷石の蔵があちこちに見える都賀の街中を通り抜け、家中という場所を抜け、さっぱりとした大通りに出たかとおもうとありました、ありました。大きな寺と寺の入口に銀ギラギンに輝く「ASATTE COFFEE」のサインが。
f0354880_17021581.jpg
f0354880_17045009.jpg
でっかい入口を入ると「ほんとにあるのかしら」と車を走らせると「P」の看板が。
こんごうりきしの参門をくぐりぬけ右手に階段。見上げるとお堂のような蔵のような店舗発見。


f0354880_17045022.jpg
中にはいるとお客様がたくさんいらっしゃいました。
ツリーハウスにいる気分。テキパキと働く店主のCMさんにご挨拶し、ブレンドを注文しました。
待ってる間に色々とお写真を撮らせていただきました。
同席したお客様よりスイス土産というしゃれたクッキーをおすそ分けいただきました。
フレンドリー アンド グローバル。
もうすっかり地元に根付いている感じ。いい感じ。


f0354880_17045190.jpg




f0354880_17045210.jpg
コーヒーをおいしくいただき、おかわりにシングルコーヒーを頂きました。久しぶりにノンビリしたせいか、ウトウトとリラックスしてしまい肝心のシングルコーヒーの産地の記憶をすっかりなくしてしまいました。
CMさん、ごめんなさい。
ブレンドの後に飲むとちがいがハッキリとわかりました。はちみつのような、スパイシーのようなスッパイようなスッキリとした味。伝わるわけねーべな。なあ。
美味しかった。
このお寺には家中城壁跡が残っておりとても歴史のあるところなんだとか。
お寺の周りも一周してきました。
竹林やつばき。


f0354880_17045259.jpg
f0354880_17045366.jpg
夕方の西日と夏風が心地いいお店を後にしました。
ありがとうございました、CMさん。

ASATTE COFFEE」あさってコーヒー
OPEN  10:00 - 18:00
CLOSE WEDNESDAY
(臨時休業あり)

〒328-0111
栃木県栃木市都賀町家中2726 光明寺内
TEL 080-1268-0217




f0354880_17045325.jpg
f0354880_17045448.jpg



そして今日の火曜日、午前中にまたまた都賀の図書館へ。
ここでは東京と都賀をまたにかける知人のデザイナー、グラフィックやイラストを描いている清水将司さんの展示へ。
夏休みの子供さんのための企画で清水さんが描いて出版されている絵本「みんなでさがそう とことこかくれんぼ」- 絵本の制作過程展 -
が開かれているのでした。

絵本はこんなふうに作られる!
「みんなでさがそう とことこかくれんぼ」-絵本の制作過程展ー
期間 7/15(土)-8/30(水)
場所 都賀図書館 1階 ロビー 

gaimgraphics所属のアートディレクター/グラフィックデザイナー/イラストレーター。
1980年生まれ栃木県出身。
CI,カタログ、パッケージ、エディトリアル/アパレルなどのグラフィックを中心に幅広く活動。
栃木と東京を行き来するスタイルで仕事、遊びを実践。「LIKE THIS」では古いものが宿す不均一で手仕事感のあるもの達を紹介したり、新たなプロダクトとして再生していきたいとおもっているそう。






f0354880_17045425.jpg

館内は撮影禁止なので写真は撮れませんでしたが、画像はこちらからどうぞ。
清水さんの人柄か楽しい優しいキャラクターがたくさん、たくさん登場する楽しい展示です。
この絵本の他にも清水さんの過去のイラストが掲載された雑誌やブックレットなども楽しめます。
彼は東京の所属するデザインチームで「LIKE THIS SHOP
というWEBも運営していて可愛くて民藝でイラストライクなブログ「日々骨董市」も書いています。
いつも楽しく拝見しています。
なんか最近は買えるみたいですよ。素晴らしい!

都賀の図書館には野州大麻の精製で使われた民具や、江戸時代の磐根(いわね)神社の鍾馗さまが天邪鬼をこらしめているという面白い鬼瓦や観音堂遺跡や赤石遺跡などの古代からの土器もたくさんありました。

こんな彼らのおかげで
もっともっとそれぞれの良いところ、「都会の刺激や未知なもの」 ↔ 「田舎の美味しいもの、継承しなくてはならないもの、自然を感じるもの」 たちに丁度良く気持ちよく触れられる機会が増える事に期待します。
きっと大人も子供もドキドキするはずです。
皆さんもいかがですか?




[PR]
by morocraft | 2017-08-01 16:57 | 栃木市のお店の紹介。 | Comments(0)