蔵のまち・栃木市で営業中。 日用雑貨・古道具を扱っています。静かな光と影をあなたに。 MOROcraft(モロクラフト) 栃木県栃木市倭町10-3 0282-21-8838 営業日はブログまで。 ※通信販売もしていますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。 Email lovepeacesmile29@gmail.com まで。店頭のみクレジットでの支払可


by morocraft
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

文化屋雑貨店の記憶 MOROcraft blog/2015.01.15 Thursday

今日、原宿の文化屋雑貨店が40年のくぎりで閉店するらしい。
店はしめるが次のページをめくったんですね。
僕が中学のころの30年前は原宿はクリームソーダやガレージパラダイスやハイヒール,
ペパーミントなどの50’s、ボイスやデプト、赤富士、フェイクαなどの古着屋さん、セントラルアパート、キャツトストリートのナイスや嶋田洋書にオキドキと行くところはなんか決まっていた。
オーバカナルにはいった13歳はビビッてウィルキンソンの辛~いジンジャーエールをやっと頼み、回りを見渡せないほど緊張し、キャッシュオンデリバリーにどぎまぎしジーンズ生地でできた財布から支払をして、その時はギャルソンなんてことも知らない中坊はただ満足していた。
キーウエストクラブなんてもんもあったが、中学の僕には敷居が高い気がしていた。
通学するのにその店のショッピングバッグを持っていくと洒落ものだと思われて鼻が高かった。
ポパイやホットドッグやメンズクラブの街のアイビーリーガースをチェックしていた典型的な方田舎の中坊は原宿=東京だった。
そんなお店の中のひとつ、文化屋雑貨店はオリーブなどのチープシック特集やらで見てたのかもしれない。
写真に写っているサーファーはその当時買ったものです。いつのまにか顔にほくろができている。年取ったの?
ほかにボーリングシャツをきて投球ホームをとる女性と一緒に買ったと思う。
今でもちょこんと飾るとかわいい。
あの頃の感覚で選んだ東京土産。
これからも捨てたりすることはないだろうな。こいつ。

蔵の街 栃木 MOROcraft (モロクラフト)
古道具・日用品 
〒328-0037 栃木県栃木市倭町10-3 
TEL/FAX 0282-21-8838

f0354880_17030648.png

f0354880_17031408.jpg




525|700#]
[PR]
by morocraft | 2015-01-15 14:54 | ひとりごと | Comments(0)