蔵のまち・栃木市で営業中。 日用雑貨・古道具を扱っています。静かな光と影をあなたに。 MOROcraft(モロクラフト) 栃木県栃木市倭町10-3 0282-21-8838 11:00-19:00 水曜と毎月3日が定休日 ※通信販売もしていますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。 Email lovepeacesmile29@gmail.com まで。店頭のみクレジットでの支払可


by morocraft
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ハロービューティフル!ローマングラスのネックレスが入荷です。

f0354880_1312312.jpg

ローマングラスのネックレスが入荷しました。
¥4,800+税〜¥20,000+税
f0354880_13123273.jpg

f0354880_13123247.jpg

f0354880_13123313.jpg

f0354880_13123325.jpg

キラキラと太陽に透かすとブルーや銀色に輝く破片。ローマングラスとは、ローマ帝国の時代に作られ、ローマ帝国領内で使用されていたガラス製品全般を指します。その時期は、厳密にはローマで帝政が始まった紀元前27年からローマ帝国が東西分裂をしてしまう395年までの約400年の間に作られたもの、とされています。ですので、1600年~2000年も前の古いモノなんです。ローマは、それより以前から栄えていましたが、なぜ帝政の時代がローマングラスの時代なのかというと、 ちょうど帝政が始まる頃、シリア・エジプトといった主要なガラスの産地がローマ帝国の領土になった事が関係しています。 技法的にもちょうどその頃、従来よりも画期的に効率の良い吹き技法が発明されて、一気に沢山のガラス製品が生産されるようになり、ローマングラスのキラキラの部分、つまり銀化した部分についてですが、これはガラスが土や砂の中に長い間埋もれていた場合に発生します。ガラスの成分が周りの土に含まれる鉄や銅、マグネシウムの成分と化学変化を起こすのです。 埋もれている時間が長いほど、 銀化した層が多く重なって光の反射も複雑になり、 綺麗になっていきます。ーちなみに、ローマングラスを含むこうした銀化ガラスは、 人工的には作れないとのことです。

栃木 蔵の街  古道具・雑貨 MORO craft モロクラフト
[PR]
Commented by yomikakidou at 2014-08-05 23:18 x
1600年モノのキラキラに魅せられてしまいました(*´▽`*)

とっかえひっかえ、たくさん試着させてもらって、ありがとう☆
いろんなところに連れていきたいです。
Commented by morocraft at 2014-08-06 11:50
yomikakidousaさま、昨日は本当にありがとうございました。
いろんなスタイルにもあわせてみてくださいね!
by morocraft | 2014-07-20 13:09 | accesaryなど。 | Comments(2)